読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルサンチマンはネットで

日常の、つたない雑記

amazarashi 360° Live 10/15

昨日は楽しみにしていた、あまざらしのライブに行ってきました。

少し前にやったスターライト千分の一夜のライブの時と同じように、秋田さんが執筆した小説 虚無病の朗読を挟みながらの、物語に絡めた選曲でのライブでした。特に何も考えず 久しぶりのライブだあ〜楽しみ〜 ぐらいの気持ちで行ったら、冒頭から虚無病の映像が流れてびびった。

あまざらしのライブは、スタンディングでは観客全員棒立ちで、席指定だと全員着席してるのが基本になっているみたいです。私がライブに行き始めた4年前位からずっとそうだがそれより前はどうだったか知らない。

なんにせよ、虚無病の物語上の宗教布教映像を観客総員が身動きせず見つめる光景には、異様な不気味さを感じました。良い意味で恐ろしい演出です。

勿論、そういう陰気な暗い部分もあまざらしの一部として好きです。底抜けに陰気で後ろ向きに見えて、芯の部分はとても前向きでいいヤツ というのがあまざらしだと思っています。

 

そういう意味で今回のライブは、序盤の不穏で絶望的な状況から物語が始まって、徐々に光明が差して明るく前向きな雰囲気になっていく構成で、とてもあまざらしらしいものだったんじゃないかなと思うんです。

 

 

ただ、超個人的な感想を書きたいと思いますが…久しぶりのライブだったからか、席が悪かったのか、爆音すぎて耳がビリビリしました。段々慣れましたが序盤は、音もーちょい絞ってくれええと思いながら聴いてました。でもまあ爆音で生歌を聴けるのがライブってもんですよね。うんうん。

 

それと、虚無病という物語に沿ったライブ構成。物語の場面と曲がリンクしていて、特に穴を掘っているの曲導入部分は、この曲はまさかこの物語のための伏線だったというのか…!?と思うほど繋がっていました。映画を観ているような、綺麗にまとまったエンターテイメントだなと思います。しかしライブハウスで見る秋田さんの魂の叫びのような語りから曲に入る流れが好きだったので、そういった情熱的なものが今回はうまく伝わって来なかったような気がします。物語と映像を追うのに気を取られ、あまり歌が入って来なかったようにも思います。千分の一夜の時には、そんな事はなかったのですが、事前にホームページやらに載っていたストーリーを読んでいたからかも知れません。

 

だらだらと書いてますけど、つまりは今までのライブ程の感動が無かったのです。

多分、私自身が以前と変わってしまったんじゃないかなあ…それでイマイチあまざらしに共感出来なくなってしまったのかもしれない。暗い歌が好きだったけど、明るい歌が好きになってきた。

これが大人になるということか。

 

なんだかんだ言いつつも、次のライブも絶対行きたいです。