ルサンチマンはネットで

自己顕示欲丸出し

再会は突然に

びっくりした。
もう二度と会うことは無いと思っている人でも、突然再会する事があるらしい。大体3年程前に、付き合いそうな雰囲気になった人と、本日婚活パーティーで再会した。仮にM氏と呼ぼう。なかなか運命的な再会ではあるが、個人的に全く喜べない運命だというのが残念過ぎる事実だ。

今日は夜から同級生達とご飯に行く予定があったので、絶賛婚活中の私は予定の無い昼間に精力的に婚活パーティーへ行ってきたのだ。
15対15、割と少人数のパーティー。
場所は都会で、私も相手も家からは遠いのに、一体どんな因果でその時その場所で再び相まみえることになったのか。全くもって謎である。



私は張り切って30分前に一番乗りで会場に着き、万全の体制で臨んでいた。それは女性が座っているテーブルに、男性が順々に回って一対一で何分か会話をする というもの。最後にはカップリング発表があるやつだ。
開始から順調に話して、調子づいてきた中盤辺りでM氏が私のテーブルに回ってきた。来た瞬間、なんだか既視感のある顔に、思わず私は「よろしくお願いします〜!……あれ??どっかでお会いしました…?」と顔をガン見。ガン見するその間2、3秒で、瞬間私の脳裏に記憶が蘇る。
(…!!!あの時の人だ!!やっべ!!)
完全に思い出した。
M氏もすぐに私が分かったようで、「ありますね。確か3、4年前」なんて答えるが、私は驚きながらも「う〜ん…見覚えある顔だけど、全く覚えてないです。」ととりあえず笑ってシラを切った。
その後も、思い出せないけどどっかで会いましたよね〜というテイで嘘を突き通した。動揺しながらも、話しながら これはシラを切ったほうがいいかもしれんと判断したからだ。
とにかくその突然の再会に私はすっかり動揺してしまい、その後他の人との会話も上の空で誰にもカップリング希望を出さず終了。そそくさと逃げるように一人地元へ帰った。


M氏とは、私がまだ元彼と知り合う前の頃知り合った。5、6回デートして、そろそろお付き合いが始まりそうな雰囲気になっていた。当時彼氏居ない歴=年齢だった私は焦っていた事もあり、相手を好きなのかよく分からないまま「よく分かんないけどまあいっか」なんて適当に思っていた。ちょうどそんな時である。超絶タイプな元彼と唐突に出会い、これが好きってことか!!と分かり、M氏には「好きな人が出来たから、もう会えません」と言って連絡を絶ったのだ。M氏も、要約すると「その人とどうか幸せになってね!」というような事を言ってくれた。
……その手前、だ。
私が今日のあの場にいるってことは、彼の言う「その人と幸せに」が果たせなかった と言っているようなもので…。そういう訳で今日の再会は、私にとって全く喜べないものであったのだ。もう一刻も早くあの場から逃げ出したかった。

半数ぐらいの人と連絡先を交換していたので、終了直後、M氏から連絡がきた。私はよく考えたすえ、返信しないことにする。

世間とは狭いものね……。
引き続き婚活がんばろ。

悲しみはどんな感情よりも長く続くという

私は何をしているのか。

 

普通に知り合い、2年弱付き合い、別れる。
どこにでもある平凡な失恋でも、当人にはまさにこの世の終わりだ。7ヶ月経ったが、今でも悲しい。ふとした時に思い出して、泣いてしまう。

ぞんざいなフラれ方なら、まだマシだっただろうとも思える。思わせぶりな態度に、彼はまだ少なからず私に気持ちがあったのでは…などと考えてしまう。

 

悲劇のヒロインぶりたいのかもしれない。
彼が仕事で忙しくて会えなくても、仕事に打ち込めば後々彼自身の為になる。その分収入や地位が上がるかもしれない。彼の人生の幸せの為に、彼を放っておく。それが、私なりの愛だと思い込んでいた。
相手の為だと本気で思っていたが、果たして「相手の為」なんて、純粋な自己犠牲なんてあり得るだろうか?
人は自分が幸せになるために生きている。相手の為に尽くすことで、自己価値を肯定して幸せを感じたいと思っているはずで、結局のところ自分の為ではないのか。そんなのが愛なのか?

私は、自分の気持ちを伝えるべきだった。

全然構ってやれない罪悪感で、あの人は自分を責めていたかもしれない。相手の気持ちも考えずに、私はヒドい彼女だった。でも今思えばそれで良かったかもしれない。
冷たく接した態度で、彼は私にそれほど好かれてないと思っただろう。私がこれほど好きな事を知っていたら、私を振る罪悪感がもっと大きく辛くなっていただろう。彼はきっとすぐ、次の人を好きになれるはずだ。何も私が隣に居なくても、元気でいてくれるだけでいいのだ。結果別れた後には、やっぱりあれで良かったんだと、過去の私にようやく感謝できる。

なんて、自分を慰める為の自問自答ばかりしている。でも何か間違ってる気がする。こんなのただの自己満足じゃないか…。全部私の想像に過ぎないし、本当のところを知る事はもう出来ない。伝え合わなきゃ、お互い何も分からないなんて当たり前のことじゃないか。私はとんだバカヤローだ。

失恋から学ぶ事は大きいな。あんな恋を、もう一度できるのだろうか。

とりあえず、エーリッヒ・フロムの「愛するということ」を図書館で借りて、人を愛する技術を 学ぼうかと思う。

後悔先に立たず

先日年下の男性と飲みに行った。

飲み過ぎて私がもう気持ち悪くて動けなくなってしまった。居酒屋のテーブルに突っ伏して「気持ち悪い〜…」とか言って動かない私に、向かいにいる男がひたすら話しかけてきたのを覚えている。

気になってる子にこんな姿見せられたら…俺も男だよ? とかなんとか。 

いや、好きな相手だったらそんな事言われたらもう嬉しくなってしまうだろうが、ねえ君。君に言われてもなあ。

勿論そんな事考える余裕も無かったので、酔い潰れている私のせいで相手も終電を逃し、近くのカラオケで始発を待った。

自称酔っ払いおばさんの私にとっては、毎回そんな調子なので、カラオケ個室の粗末な椅子で寝るのももう慣れたものだ。

ただやはり、酔い潰れた女と二人でいる深夜の密室…男としては いこってしまう もののようで、それはやはり飲み過ぎてしまう私にも責任がある。

 

それにしたって、だ。

あんな粗末な空間で体を求めてくるような男を、好きになる事はできない。そんな事をする前に、まず先に惚れさせておくれ。私が軽そうに見えるのも問題かもしれないが…毎回丁重にお断りするも、こちらとしても申し訳ないという気持ちはあるのだ。しかし、断固として本番はお断りしている。

そんなこんなで翌朝はいつも自己嫌悪の渦にのまれて、最悪の気分に陥る。 でも、なぜあんなに無防備に酔い潰れてしまうのか。自分で自分が気持ち悪い!私ってほんとバカ。という感情です。 一体どうしたものか?

 

夏来たる

暑い。

先日の三連休、海好きの友達と沖縄離島に行ってきた。夏だなあ

慶良間諸島座間味島にてシュノーケル三昧の3日間…もう言葉も出ない程、サイコーでした。

f:id:akkorezo:20170721184054j:image

 

婚活にも息抜きは必要よね!今の所よい人は見つかっておりません。

今日はこれから、友人と行った街コンで知り合った、年下の男性と飲みに行って参ります。とにかくビールだ!ビールが飲みたい!……ただそれだけだ。

 

少し前に、哲学の勉強を始めた。

入門書によるとまずは歴史を学べとのことだったので、図解!よく分かる世界史 を借りたものの、全く読み進まず。

世界史を放置して、北方謙三のハードボイルド小説に熱中していました。最近テレビでやっていたマツコの番組で、北方謙三を知ってつい気になってしまって…

任侠モノって全く興味なかったし苦手だったけど、「棒の悲しみ」を読んで考えを改めた。

オトコの義理と人情…!!

アツいぜオジキ…!!

田中が、どんどんのし上がって立派なオヤジさんになっていく様が、爽快でカッコ良かった。田中の男気に惚れっちまうべ。。次は「黒いドレスの女」を読んでみようと思う。

 

畏敬の念をこめて

私は常々、純粋でいたいと思っている。

しかし純粋でいると言うのは、年齢を重ねる毎に困難になっていくものではないか、とも思う。勿論、生きてきた中で周りを取り巻いてきた環境の良し悪しにも大きく左右されるだろう。

私はその点恵まれていて、なに不自由なく育てられ、周りの大人達や友人達に愛情を注がれて生きてこれた。それでも社会に出て人間関係が広まるにつれ、自分の持っていた純粋さが段々と濁っている気がしてならない。

 

先日、小林麻央さんの訃報を職場の人づてで聞いた。全く関係の無い、いち一般人の私にも、その死に深く考えさせられた。「かわいそう」という職場の女性の言葉を聞いて、確かにそう言いたいのが人間心理であり、至極自然な言葉である。しかし、かわいそう と言うのは余りに失礼だろう。そんな事を言われたくて闘病生活をありのままに綴った訳ではあるまい。ただ報道を聞き齧っただけであるが私には彼女が本当の意味で純粋で、強く美しくみえる。美しい人とは、こういう人のことを言うんだ。私も彼女のように、愛し愛され豊かな生涯を送りたい。だから心からの畏敬の念を込めて、その死を悲しみたい。

 

偉そうに言っているが、書きながら自分の思う純粋さ の定義が曖昧なのに気付いたので、それはまた後で深く考えたい。とにかく、麻央ちゃんの持つ純粋さこそ、私の目標とするそれだろうと、ぼんやりと思ったのだ。

酔っ払いおばさんと呼ばないで

はぁ〜、私のような変なのを嫁に欲しいという奇特な殿方は、一体どこにいらっしゃるのでしょうか。
合コンかしら?
それとも街コン?
いややっぱり婚活パーティーかしら。
さもなくば楽天オーネッ◯?

 

昨日は友人とサシで飲んできたが、この年頃というとやはり恋愛・結婚の話題で終始持ちきりである。
ああでもない、こうでもないと言いながら、お互いを高めているのだ。
それにしても、お酒を飲みすぎた翌日、毎回後悔する。
お酒が回って完全な酔っ払いだった自分を思い出して、翌朝激しく反省するのだが、すっかり忘れてまた飲み過ぎる。
婚活の前にまずこの酒狂いを直した方がいいのでは?(自問)

わたしのなつやすみ

私の夏休み、終わっちゃったな…

PSPぼくのなつやすみを、冬の間からゆっくりプレイしていて、今日ようやくクリアした。
ぼくなつシリーズを一つもプレイしたことがなく、虫取りとか釣りとか、恐らくどうぶつの森みたいな感じだろうと勝手に思ってずっと手を出さずにいた。しかしある時ネットで、「毎年夏になるとぼくなつをプレイする」と言う人を見掛け、興味が湧いてソフトを買ってみたのだ。
…完全に舐めていた。
これは子供向けのゲームではあるが、むしろ私のような、社会に出て色々なしがらみにとらわれつまらない大人になってしまった奴に深々と突き刺さるものがある。
シンプルで自由なゲームシステムと、田舎の美しい原風景に響く蝉の声、川のせせらぎ…田舎で過ごす、楽しい夏休みのなかに漂う寂寥感に、胸が締め付けられる思いだった。
クリアしてエンディングを見終えた時、ボクくん(主人公)の過ごした夏休みと自分自身の小学生時代の夏休みの記憶とがリンクして、ああ、あの夏休みにはこんな意味があったのだ、と、なんとなく分かった。大人になってから今ようやく、私の夏休みは完結したのだ。

恐らく何を言っているのか分からないと思うが、私も分からん。
それぞれのキャラも個性というか人間味があって、なんかもう全員好き。また夏が来たらもう一周はしようかと思う。

クリア直後の感動が冷めやらぬ内にゲームの話で熱くなってしまったが、私もなにもゲームばかりやっている訳ではない。
先日宣言した婚活の、途中経過も書いておこう。

やはり女性にとって、人生で最も重要なのは愛だと思う。一言に愛と言っても幅が広すぎるが
結婚に向けて、まずは幸せな家庭を共に築ける人生の伴侶探しだ。
今の私の優先事項は、9割が恋愛をしめるだろう。
残りは家族や友人であり、仕事など二の次でいい。
これはきっと当てはまらない女性も沢山いるだろうが、世の独身女性はきっとこの私の言っている事を分かってくれるはずだ。
恋愛よりも、自分の周りの身近な人達をもっと大切にするべきだと分かってはいるが、ひ孫を心待ちにしている祖父母や家族のための婚活でもあるのだ。

あれは、今年の初めだったか。
年末に恋人と別れ、放心状態だった私は、寂しさから出会い系アプリというものに初めて手を出した。なんというアプリだったか…メンタリストのダイゴが監修しているマッチングアプリだ。
会ったこともない相手とやり取りするなど当時考えられず、異性からくるメッセージを読むだけ読んでことごとく無視していた。そんな中ひとり、目に止まった好みの年下メガネ男子から送られてきたメッセージが、際立って紳士的だったこともあり、おずおずと返信してみたのであった。

二週間ほど趣味の話などのやり取りをしたのち、年明けに会う約束をした。約束通り会って、健全に日中デートをした。まあ色々あったがその後もう一度会い、この人は違うなと感じた為、好きな人が出来たからもう会えない などと丁重に嘘をつきその人とはもう連絡を絶っている。その後もまた別のマッチングアプリやら、ごく小規模な婚活パーティーやらで今年に入ってから10人近い男性と二人で食事などに行き、それとはまた別で女友達と相席BARやら合コンにも行った。

しかし今の所、異性の飲み友達がひとりふたり出来たくらいで、私の婚活にこれといった進展はない。
今年に入ってからの4ヶ月半を振り返ってみるに、やはり私はまだ元彼の影を追っているようだ。無理に忘れる必要は無いと思うが、大好きだったなとただ実感するばかりである。